「いと小さいひとりに」

~友として 共にはぐくむ~
いわき福音協会は障がい福祉を柱に半世紀以上にわたる福祉の実践を通して『誰もが地域を舞台にひとりひとり自分らしく当たり前に暮らせる社会』とは何かを追い求めています。今では様々な障がいがある方や子どもからお年寄りまで、いわきに暮らすみなさんを支える役割を担い、多数の事業を展開しています。
すべての事業所で、多様な人材が、職員としてそれぞれの専門性を極め、磨き、力を発揮しています。
利用者ひとりひとりの想いに寄り添い、今以上に豊かな暮らしを創造していくためには、フレッシュなセンス、みなぎる意欲、そしてパワーが必要です。あなたの情熱をいわき福音協会で活かしてみませんか?
  • 多様な働きの場
    保育所や病院、そして児童、障がい、介護、地域、就労など多様な福祉の事業所があります。
    乳幼児から高齢者までご本人そしてご家族の暮らし・ライフステージに沿った働きの場があります。 
  • たくさんの仲間
    若手からベテランまで大勢の福祉・医療の専門職が活躍しています。それぞれが専門性に磨きをかけ、互いを尊重し、連携できる環境。
    仲間がいるから素敵な実践が生まれ、支援の輪が広がります。  
  • 新たな福祉に向かって
    法人将来ビジョン策定検討会内に様々なワーキンググループや検討会等を設置し、いわき福音協会の基本理念、基本方針に沿って、「障がい児者を中心とした事業」を基礎としながら、実現可能な短期(3年)及び中長期計画(10年)を策定しました。
    また、法人として地域の自立支援協議会等会議に積極的に参画し、地域の福祉を耕し、育てる役割もあります。いわき福音協会には法人を変革し、より良い障害福祉、地域福祉を作るチャンスがあります。みんなでいわきの街を住みやすい、豊かな街にしましょう。  
  • 仕事と生活の調和
    いい仕事といい生活。働く職員にとても大切なことです。
    いわき福音協会は福利厚生の充実に努め、安心して働き続けられるよう職員をサポートします。 子育て支援に積極的に取り組む「子育てサポート企業」として福島労働局の認定を受けています。

先輩の声

  • みんなの「生きる」を社会福祉法人
  • 両立支援のひろば
  • CYCLE JKA Social Action
  • KEIRIN.JP